メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・鹿児島実が連覇 女子・神村学園5連覇 /鹿児島

右手を大きく上げフィニッシュする鹿児島実の富永選手

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の宮崎、鹿児島県予選が5日、それぞれ宮崎市のひなた宮崎県総合運動公園周回コースと、鹿児島県指宿市の市営陸上競技場発着のコースで開かれた。宮崎は18校22チームが参加(オープン参加4チーム)した男子(7区間42キロ)は小林が2時間3分13秒で3年ぶり56回目、11チーム8校が参加(オープン参加3チーム)した女子(5区間22キロ)も小林が1時間12分21秒で2年連続22回目の優勝を果たした。小林のアベックVは7年ぶり。鹿児島は男子(7区間42・195キロ)は鹿児島実が2時間6分13秒で2年連続51回目、女子(5区間21・0975キロ)は神村学園が1時間6分4秒の高校最高記録(留学生を含む)で5年連続27回目の優勝を果たした。優勝チームは12月20日に京都市である全国大会に出場する。新型コロナウイルス対策で宮崎は例年の公道ではなく一般客を入れないコースに変更。鹿児島は応援自粛を呼びかけ公道で実施した。【塩月由香、杣谷健太、白川徹】

 ◆男子

 鹿児島実は足を疲労骨折したエースの砂川大河選手(3年)を欠いたレースだったが、選手全員が右腕に部のモットーの「心走」の文字を書き、団結を強め走りきった。

 1区は序盤、徳丸寛太選手(同)が2位の選手と激しく争ったが、残り1キロで相手を引き離し7秒の差をつけ、区間新記録でたすきを渡した。2区も安藤風羽選手(同)の快走で後続を引き離した。

 3、4区を任された共に2年生の祝迫湧士選手と平八重(ひらやえ)充希選手も危なげなくトップを維持した。アンカーを託された富永恭平選手(2年)も終始、力強い走り。1分15秒のリードを守って独走状態でフィニッシュした。

上位成績◇

(1)鹿児島実     2時間6分13秒

 (徳丸寛太、安藤風羽、祝迫湧士、平八重充希、松山晃琉、岡野凌成、富永恭平)

(2)鹿児島城西    2時間7分28秒

(3)樟南       2時間9分21秒

(4)鹿児島工(5)出水中央(6)国分中央(7)鳳凰(8)鹿児島(9)鶴翔(10)鹿児島商

区間賞◇

1区10キロ     徳丸寛太(鹿児島実3年)  29分15秒

2区3キロ      安藤風羽(鹿児島実3年)   8分43秒

3区8.1075キロ 須山向陽(鹿児島城西2年) 24分10秒

4区8.0875キロ 平八重充希(鹿児島実2年) 24分57秒

5区3キロ      松山晃琉(鹿児島実3年)   8分38秒

6区5キロ      梅橋拓也(鳳凰2年)    14分42秒

7区5キロ      中島琢登(鹿児島工3年)  15分20秒

 ※1区は区間新


 ◆女子

高校最高記録1時間6分4秒

フィニッシュする神村学園のバイレ選手

 2019年の都大路で準優勝した神村学園が、埼玉栄(埼玉県さいたま市)が持つ1996年の日本高校最高記録1時間6分26秒を上回るタイムで圧勝した。

 チームは19年の県予選も大会新記録で優勝したが、今大会は「埼玉栄の記録を破ること」を目標に設定。短距離走用の練習を取り入れるなどスピードアップに力を入れ、その成果を発揮した。

 1区は唯一の2年生の久保心優(みゆ)選手が抜け出してトップで走りきり、2位に32秒の差を付けペースを作った。2区・黒川円佳選手(3年)も快走し差を拡大。3区・中須瑠菜主将(同)、4区・木之下沙椰選手(同)、5区・バイレ・シンシア選手(同)も区間新記録の走りで、後続をさらに突き放し圧倒した。


上位成績

(1)神村学園     1時間 6分 4秒

 (久保心優、黒川円佳、中須瑠菜、木之下沙椰、バイレ・シンシア)

(2)鹿児島女子    1時間11分29秒

(3)鳳凰       1時間11分36秒

(4)国分中央(5)鹿児島(6)樟南(7)出水中央(8)川内商工(9)大島・奄美(10)鹿児島南

区間賞◇

1区6キロ      久保心優(神村学園2年)     19分25秒

2区4.0975キロ 黒川円佳(神村学園3年)     13分7秒

3区3キロ      中須瑠菜(神村学園3年)      9分13秒

4区3キロ      木之下沙椰(神村学園3年)     9分9秒

5区5キロ      バイレ・シンシア(神村学園3年) 15分10秒

 ※3、4、5区は区間新


小林ダブルV 男子3年ぶり、女子2年連続 宮崎

 ◆男子

1位でフィニッシュした男子・楠木選手

 小林が伝統校の意地を見せて最後まで先頭を譲らず、宮崎王者の座を3年ぶりに宮崎日大から奪い返した。

 1区は序盤、オープン参加する小林B・Cチームの2人が先導。宮崎日大も含めた4人の先頭集団から、5キロ地点で小林の冨永昌輝選手(3年)がペースを上げ、6秒差で2区の高木晃瑠(ひかる)選手(同)にたすきをつないだ。3区の倉掛響選手(同)が差を更に20秒広げ4区の水野龍志選手(同)へ。下級生でただ一人起用された5区・一條空音(そらね)選手(2年)、6区・福島渉太選手(3年)、アンカーの楠木悠人主将(同)と3連続区間賞。倉掛選手は「2年前に宮崎日大に負けた時は自分がアンカー。今回やっとみんなと笑顔でテープを切れた」。


上位成績◇

(1)小林       2時間 3分13秒

 (冨永昌輝、高木晃瑠、倉掛響、水野龍志、一條空音、福島渉太、楠木悠人)

(2)宮崎日大     2時間 4分18秒

(3)都城工      2時間15分21秒

(4)宮崎南(5)妻(6)日章学園(7)延岡工(8)延岡商(9)宮崎工(10)都城泉ケ丘

区間賞◇

1区10キロ 冨永昌輝(小林3年)   29分25秒

2区2キロ  松井遼太(宮崎日大3年)  5分23秒

      高木晃瑠(小林3年)     〃

3区8キロ  倉掛響 (小林3年)   23分 3秒

4区8キロ  曳田道斗(宮崎日大3年) 23分37秒

5区2キロ  一條空音(小林2年)    5分28秒

6区6キロ  福島渉太(小林3年)   18分 6秒

7区6キロ  楠木悠人(小林3年)   18分 8秒


 ◆女子

1位でフィニッシュする女子・藤田選手

 小林が区間賞を独占する圧巻のレースで、ライバルの宮崎日大を寄せ付けなかった。2年連続1区の原田紗希選手(2年)は「ワクワクしていた。自分の走りができれば差をつけられる」と自信の走りで、3キロ過ぎに2位を引き離し、44秒差をつけて流れを作った。

 2区の大坪沙代選手(3年)も好走。笑顔でタスキを託された3区の末山優珠(ゆうじゅ)選手(同)は「(チームの)軸になる走りができた」と更に差を広げた。

 昨年はBチームだった4区の野村真央選手(2年)もその悔しさを晴らす快走。独走状態となった最終5区の藤田あい選手(同)は1区の原田選手のタイムを意識しながら走り、右手を高々と上げてフィニッシュを決めた。


上位成績

(1)小林      1時間12分21秒

 (原田紗希、大坪沙代、末山優珠、野村真央、藤田あい)

(2)宮崎日大    1時間13分48秒

(3)都城商     1時間25分32秒

(4)宮崎北(5)延岡(6)宮崎学園(7)延岡商(8)都城泉ケ丘

区間賞◇

1区6キロ 原田紗希(小林2年) 19分38秒

2区4キロ 大坪沙代(小林3年) 13分 9秒

3区4キロ 末山優珠(小林3年) 13分13秒

4区2キロ 野村真央(小林2年)  6分22秒

5区6キロ 藤田あい(小林2年) 19分59秒


おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです