メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

敵を滅ぼしたければ=小倉孝保

 <kin-gon>

 米国の祝日「大統領の日」(2月第3月曜)は、大統領2人の誕生日にちなんでいる。一人は初代ワシントン(2月22日生まれ)。では、もう一人は? そう、16代リンカーン(2月12日生まれ)なんです。国家を分断の危機から救った彼は、歴代指導者の中でも特別な存在なのだ。

 リンカーンが大統領に就任(1861年)する直前の米国では、争乱が続いた。奴隷制の支持・反対派が衝突した「血を流すカンザス」(54~61年)や奴隷解放を目指すジョン・ブラウンによる武装蜂起(59年)のほか、モルモン教徒と陸軍によるユタ戦争(57~58年)もあった。

 国内をいかにまとめるかが焦眉(しょうび)の課題となる中、リンカーンは上院議員候補だった58年、聖書マルコによる福音書の一節を引用し、「分かれたる家は立つこと能(あた)わず」と演説する。建国から82年。国内で争っている限り、建国の理念は実現しないと説いたのだ。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです