メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

敵を滅ぼしたければ=小倉孝保

 <kin-gon>

 米国の祝日「大統領の日」(2月第3月曜)は、大統領2人の誕生日にちなんでいる。一人は初代ワシントン(2月22日生まれ)。では、もう一人は? そう、16代リンカーン(2月12日生まれ)なんです。国家を分断の危機から救った彼は、歴代指導者の中でも特別な存在なのだ。

 リンカーンが大統領に就任(1861年)する直前の米国では、争乱が続いた。奴隷制の支持・反対派が衝突した「血を流すカンザス」(54~61年)や奴隷解放を目指すジョン・ブラウンによる武装蜂起(59年)のほか、モルモン教徒と陸軍によるユタ戦争(57~58年)もあった。

 国内をいかにまとめるかが焦眉(しょうび)の課題となる中、リンカーンは上院議員候補だった58年、聖書マルコによる福音書の一節を引用し、「分かれたる家は立つこと能(あた)わず」と演説する。建国から82年。国内で争っている限り、建国の理念は実現しないと説いたのだ。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです