連載

米国の選択

トランプ米大統領が2020年大統領選への立候補を正式に表明し、再選に向けた活動を本格化させた。選挙スローガンは前回から「米国を偉大なままに」と変わったが、訴えの中身は変わらないまま。分断した政治状況の中で、自身の支持層の共感のみを追求するスタイルを貫く構えだ。

連載一覧

米国の選択

2020年大統領選 当選ならパリ協定再加入 バイデン氏がツイート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米大統領選の民主党候補ジョー・バイデン前副大統領は4日、ツイッターで、地球温暖化に関するパリ協定について「自分が政権を取れば協定に再加入する」と投稿した。トランプ政権下の米国がこの日、離脱していた。

 再加入の日数について、具体的に「77日」と記した。77日とは次の大統領が就任する来年1月20日を指す。再加入は国連に文書を提出して30日後に認められるため、最短で2月19日となる。バイデン氏はこれまでも、大統領に選ばれれば「就任初日の復帰」を掲…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集