メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

藤本壮介さん=大阪・関西万博の会場デザインプロデューサー

インタビューに答える建築家の藤本壮介さん=大阪市北区で2020年10月17日午後2時15分、大西達也撮影

藤本壮介(ふじもと・そうすけ)さん(49)

 2025年、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を舞台にした大阪・関西万博で、会場全体のデザインを手がける。1970年の大阪万博では巨匠、丹下健三が同様の任務を果たしたとあって「まず重責を感じました」。同時に「これからの時代、万博で何ができるかは大切なチャレンジになる」と語る。

 自然豊かな北海道・旭川の隣町で育った。物理学者を目指して東大理科1類に進学するも授業が分からず、困った末に「なんとなく選んだ」のが建築学科だった。当時は名前も知らなかったというル・コルビュジエや丹下の作品を見て「一気に建築の面白さに引き込まれた」。北海道の雑木林と東京の入り組んだ路地。「乱雑さの中にゆるやかな秩序がある」二つの原風景が自身の建築のベースになった。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです