メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川の養鶏場で鳥インフル 国内18年1月以来

 香川県は5日、同県三豊市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。感染力の強い高病原性とみられる。採卵用の約33万羽を飼育しており県は殺処分を始めた。県によると、国内の養鶏場から鳥インフルエンザが確認されるのは2018年1月に同県さぬき市で確認されて以来で、一度に殺処分する数としては国内最大規模となる。

 県によると発生した養鶏場内には12の鶏舎があり、うち1鶏舎で1~3日に約1550羽、4日に約2300羽が死んだ。県が同日、生きている2羽を含む計13羽を簡易検査したところ、死んだ11羽全てから陽性反応が出たという。その後の遺伝子検査で高病原性の可能性が高いと判明した。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです