メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川の養鶏場で鳥インフル 国内18年1月以来

 香川県は5日、同県三豊市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。感染力の強い高病原性とみられる。採卵用の約33万羽を飼育しており県は殺処分を始めた。県によると、国内の養鶏場から鳥インフルエンザが確認されるのは2018年1月に同県さぬき市で確認されて以来で、一度に殺処分する数としては国内最大規模となる。

 県によると発生した養鶏場内には12の鶏舎があり、うち1鶏舎で1~3日に約1550羽、4日に約2300羽が死んだ。県が同日、生きている2羽を含む計13羽を簡易検査したところ、死んだ11羽全てから陽性反応が出たという。その後の遺伝子検査で高病原性の可能性が高いと判明した。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです