特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

「独立性を根本から侵害」 人文・社会科学系226学協会が任命求め声明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相に任命拒否理由の説明などを求める声明を発表する「人文社会系学協会連合連絡会」の野家啓一・東北大名誉教授(左端)ら=東京都千代田区で2020年11月6日午前11時36分、岩崎歩撮影
菅義偉首相に任命拒否理由の説明などを求める声明を発表する「人文社会系学協会連合連絡会」の野家啓一・東北大名誉教授(左端)ら=東京都千代田区で2020年11月6日午前11時36分、岩崎歩撮影

 日本教育学会や日本歴史学協会など人文・社会科学系226学協会が6日、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を拒否した菅義偉首相に対し、理由の説明や任命を求める共同声明を出した。このうち10学会のトップが日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見し、「独立性を根本から侵害する行為で、研究、教育現場に萎縮効果を与える」と危機感を示した。

 任命拒否された6人はいずれも、人文・社会科学系。同じ学系の学者らに不安が広がっているとして、哲学や宗教学、文化人類学などさまざまな分野の学会による「人文社会系学協会連合連絡会」をつくり、声明をまとめた。菅首相宛てに要望書も提出したという。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文572文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集