メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏優勢、米議会「ねじれ」継続観測が押し上げ 東証終値、29年ぶり高値

日経平均株価が29年ぶりの高値で引けたことを示す株価ボード=東京都中央区で2020年11月6日午後3時17分、幾島健太郎撮影

 6日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日続伸し、終値は前日比219円95銭高の2万4325円23銭だった。1991年11月13日以来約29年ぶりの高値水準となり、終値としてバブル崩壊後の最高値を更新した。新型コロナウイルスの影響で世界経済が落ち込む中、各国の中央銀行は大規模な金融緩和に踏み切っており、供給された大量のお金が株式市場に流れ込んで株価を押し上げている。

 6日の東京市場は、大幅に上昇した5日の米ニューヨーク市場の流れを引き継いだ。米大統領選の開票が進んでバイデン前副大統領の優勢が鮮明になり、先行きの不透明感が後退。同時実施の米連邦議会選では上院で共和党が過半数を維持する可能性が高まり、上下院の「ねじれ」が続けばバイデン氏の掲げる法人税増税などの実施が困難になるとの思惑から、株価を押し上げた。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです