メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業はコロナショックからいまだ回復途上 市場の熱気乏しい29年ぶり株高

バブル崩壊後の終値ベースでの最高値2万4270円を一時突破した日経平均株価を示すボード。右はNYダウ平均の終値を示すボード=東京都中央区で6日午前

 6日の東京株式市場で日経平均株価がバブル崩壊後の最高値を更新したきっかけは、開票が進む米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の優勢が伝えられ、先行きの不透明感が和らいだからだ。国内企業の業績は新型コロナウイルスの感染拡大が招いた落ち込みからの回復の途上にあり、市場に「歴史的株高」の熱気は乏しい。

 事前の予想では大統領選の結果判明まで時間がかかって混乱しかねず、株式市場では「売り」の材料だった。だが、バイデン氏が優勢で、同時実施の米連邦議会選でも民主党が上下院をいずれも制するとの見方が伝わると、民主党の主張する巨額の経済対策に対する期待から株価は上昇した。

 その後、上院は共和党、下院は民主党が制して「ねじれ状態」が維持される可能性が高くなっても、市場は「買い」と判断した。通常なら政策決定が難しくなるマイナス材料だが、バイデン氏が目指す法人税増税の実施が困難になるとの見方が強まったためだ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです