特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン氏「我々が勝者に」開票静観 トランプ氏「各地で不正」裁判闘争を拡大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 激戦となっている米大統領選は5日、開票作業が大詰めに入った。獲得選挙人が253人と当選に必要な過半数(270)に迫る民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)が先行していた南部ジョージア、東部ペンシルベニア両州でも猛追し差を縮めている。トランプ氏は5日夜にホワイトハウスで記者会見し「民主党が選挙を盗もうとしている。各地で不正が起きている」と主張。選挙結果に疑義を唱え、裁判闘争を拡大する考えを鮮明にした。

 大統領選は全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)での一般投票結果に基づき、各州・区に割り振られた選挙人538人のうち、過半数の270人を獲得した候補が当選する仕組み。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1073文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集