特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北海道、初の感染者100人超 ススキノに時短要請、経済との両立困難に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
直近1週間の人口10万人あたりの感染者
直近1週間の人口10万人あたりの感染者

 北海道では5日、1日当たりの新型コロナウイルスの感染者が119人と初めて100人を超えた。札幌市を中心に感染拡大に歯止めがかからず、道や同市は7日から繁華街ススキノ地区で酒類を提供する飲食店に対して時間営業短縮要請に踏み切る。同時に道の警戒ステージ3への引き上げも避けられない状況で、道が掲げる感染防止と経済の両立がより困難な局面を迎える。【源馬のぞみ、山下智恵】

札幌も過去最多の93人

 札幌市では93人の感染を確認し、過去最多となった。このほかの内訳は▽函館市、胆振管内各4人▽旭川市、千歳市、石狩管内各3人▽苫小牧市、十勝管内各2人▽小樽市、恵庭市、稚内市、空知管内、釧路管内各1人。うち78人の感染経路が不明。

 札幌市内では、5日の発表分とは別に、市内の医療機関で計7人のクラスター(感染者集団)が発生したと発表。入院患者が感染していないことなどから、市保健所は院内感染ではないとみている。ススキノの接待を伴う飲食店関連では4店8人増の計102店387人となった。

 また、道は道議会事務局の40代男性職員が感染したと発表。道警も札幌白石署刑事2課の40代男性警部補の感染を発表した。札幌市では、市立札幌病院の50代女性看護師と南消防署の20代男性職員の感染が判明。東区の栄中学校で生徒1人が感染したことから、市教委は13日まで学級閉鎖とした。北広島市でも大曲東・大曲東第2学童クラブ職員1人が感染した。

 感染対策のレベルを示す警戒ステージ移行を判断する目安となる7項目の指標のうち、道内の使用病床数が285床と初めてステージ3の基準を超えたのに加え、直近1週間の感染経路不明の割合も52・2%と同基準を超え、基準に達したのは、重症者用病床の使用数以外の6項目に上った。

 ステージ2では注意喚起が主な施策だが、ステージ3は「クラスター発生業種への外出自粛」「不要不急の外出自粛」などより強い要請となり、経済への大きな影響は避けられない。

 また、札幌市の陽性率は過去最高の14%となり、市保健所担当者は「市中感染がそこらじゅうに広がっている。…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文2270文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集