特集

LGBT

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

LGBTカップルに群馬県がパートナーシップ制導入へ 茨城、大阪に続き3例目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
群馬県庁
群馬県庁

 群馬県は5日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公認する「パートナーシップ宣誓制度」を年内にも導入すると発表した。県が証明書を発行し、現在は制限のある県営住宅での同居などを可能とする方針。制度が導入されれば、都道府県では茨城、大阪に続き3例目となる。県内では、大泉町が昨年1月に導入済みで、今後、市町村への広がりも期待される。

 県は対象となる行政サービスなど具体的な制度の中身は検討中としつつ、県営住宅への入居のほか、県立病院での家族同様の面会、新婚夫婦らが店舗で割引などを受けられる「ぐんま結婚応援パスポート」の交付などを想定している。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文603文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集