排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅近くでユーチューブ用に動画撮影する渋谷真子さん=本人提供
自宅近くでユーチューブ用に動画撮影する渋谷真子さん=本人提供

 2年前、事故によって半身不随となりながら、車椅子の障害者としての日常を動画投稿サイトで明るく発信し続ける女性がいる。山形県鶴岡市在住のユーチューバー、渋谷真子さん(29)。障害者のタブーのように扱われる排せつやセックスについても包み隠さず語り、チャンネル登録者は約8万人に達した。「特別でも何でもない、2度目の人生」と語る彼女の強さはどこから生まれてくるのか。その思いを聞いた。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 10月下旬、待ち合わせた東京都内のホテル喫茶店に、渋谷さんは自らデザインしたロゴ入りのパーカと、パンツ姿で現れた。くるんとまつげをカールした目元が愛らしい。ほぼ毎月上京しており、今回はユーチューバーとしての打ち合わせのためだという。記者の目を見ながら、車いす生活の日常をはきはきと、時に笑い話を交えて説明する。「人並みに落ち込む日もあるけど、歩けないことを悩んでも仕方ありません。動画を投稿したり、講演したり、取材を受けたり。車いす生活になって、逆に忙しくなりました。今月の休みはゼロ日ですよ」。屈託なく笑う渋谷さんは、まず障害を負った経緯から語り始めた。

3メートルの高さから落下 取り出したスマートフォンで…

 渋谷さんの人生が急転したのは、会社員を辞め、鶴岡市内でかやぶき職人を営む父親の下で修業を始めたばかりの2018年7月だった。市内の民家で作業中、バランスを崩して約3メートルの高さの屋根から落下し、庭池の縁石に背中を強打したのだ。「その瞬間に、元通りの体には戻れないと直感しましたね」

 だが、泣き叫ぶわけではなく、すぐさまスマートフォンを取り出し、ピンチに陥った自分自身を撮影した。その後の「2度目の人生」につながっていく、渋谷さんならではの心の強さだ。もっとも、後から…

この記事は有料記事です。

残り3995文字(全文4745文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集