特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ソーシャルディスタンスを楽しく ピアノの音色の鳴る楽譜 横浜みなとみらいホール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜みなとみらいホール(横浜市西区)の入り口前スペースに、巨大な楽譜が登場した。五線譜に並ぶ音符の上に立つと、ピアノの音が鳴る。横浜市のデザイン会社による「SOCIAL HARMONY(ソーシャル ハーモニー)」という装置で音符は2メートル程度の間隔で配置されており、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ちながら楽しむことができる。

 横浜市中区のデザイン会社「NOSIGNER(ノザイナー)」が設置した装置。音符の上に人が立つと壁についているセンサーが反応し、ピアノの音が鳴る仕組み。「ソーシャルディスタンスという社会的制約とされているものをポジティブに捉え、楽しくできないか」と企画した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文633文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集