メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

修学旅行楽しみにしていた女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

9人の遺体が見つかった白石隆浩被告が住んでいたアパート=神奈川県座間市で2017年11月11日、本社ヘリから和田大典撮影

 神奈川県座間市のアパートで2017年、9人の若い男女の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の公判は11月2日、7人目の被害者とされるさいたま市の高校2年の女子生徒(当時17歳)の事件についての被告人質問があった。本好きな女子高生はあの日、家族に「スーパーに昼食を買いに行く」と告げたまま、アルバイトでためた2万円を引き出し、被告の元に向かったという。

メッセージ「消去させた」

<東京地裁立川支部101号法廷>

 証言台に向かう白石被告は腕を組んで目を伏せていた。不ぞろいの伸びた髪には寝癖がついていた。検察官はまず、女子高生との接点について質問した。

検察官「(女子高生の)ダイレクトメッセージのデータが残っていませんでした」

被告「証拠隠滅のため、(女子高生を)説得して消去させた可能性が高いと推察できます」

 検察側によると、女子高生は被告のツイッターアカウント「首吊(つ)り士」をフォローしていたという。だが、いつ、どんなやりとりがあって会うことになったのかは、明らかにならなかった。

 17年9月26日ごろから高校を早退するようになった女子高生は、同30日午前10時半過ぎ、母に「スーパーに買い物に行く」と言って家を出た。普段はサンダル履きなのにスニーカーを履いていることを母に聞かれ、「いいじゃん」と答えたという。女子高生は口座から2万円を引き出し、午後1時過ぎに被告のアパートの最寄り駅の小田急線相武台前駅に着いた。駅前のハンバーガー店で待たされた後、被告と自宅アパートに向かった。

 被告は、女子高生から「悩みを聞いたりした」と説明した。

検察官「殺してください、一緒に死のう、という話は(女子高生から)出ましたか」

被告「出ませんでした」

検察官「本名は聞きましたか」

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文2214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです