特集

愛知知事リコール

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。提出された署名の約8割で無効とみられる不正も判明しました。

特集一覧

愛知知事リコール署名は43万人超 法定数は86万人で成立は困難か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大村秀章・愛知県知事=黒尾透撮影
大村秀章・愛知県知事=黒尾透撮影

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を目指す団体が4日提出した署名は計43万5231人分だった。6日、県選挙管理委員会の集計で判明した。選挙で署名が一時中断した5市町では12月まで署名期間が続くが、解職の賛否を問う住民投票には9月の県試算で法定数86万6500人超の署名が必要で、成立は極めて困難な見通しだ。

 署名は、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長を会長とする「愛知100万人リコールの会」が実施。同県で2019年に開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」を巡る対応に問題があったとして、実行委員会会長を務めた大村知事の解職を求め、署名期間を終えた市町村の署名を4日に各選管に提出した。署名は豊橋、岡崎、稲沢、知立各市と豊山町で続いており、全てが終了し提出された段階で、法定数に達していれば選管…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文499文字)

あわせて読みたい

注目の特集