メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雇用調整助成金、厚労省が出向者への助成増額検討 来年1月から適用へ

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響で休業した事業者が休業手当を支払う際に国が助成する雇用調整助成金(雇調金)の特例措置について従業員を他社に出向させる場合も特例対象に含める検討に入った。政府は年末までの特例について延長を検討しており、来年1月の適用を目指す。

 政府が第3次補正予算案に盛り込むことを検討している。雇調金は、雇用を維持した企業に1人当たり日額で最大8370円、中小企業に3分の2…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです