特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

男子は北山が2年連続V 女子は名護が4年連続優勝 高校駅伝沖縄予選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
両手を広げてフィニッシュテープを切る北山の源河開偉選手=沖縄県今帰仁村の村総合運動公園で2020年11月6日午後2時37分、竹内望撮影 拡大
両手を広げてフィニッシュテープを切る北山の源河開偉選手=沖縄県今帰仁村の村総合運動公園で2020年11月6日午後2時37分、竹内望撮影
右手をあげて4年連続のフィニッシュテープを切る名護の荻堂李々花選手=沖縄県今帰仁村の村総合運動公園で2020年11月6日午前11時21分、竹内望撮影 拡大
右手をあげて4年連続のフィニッシュテープを切る名護の荻堂李々花選手=沖縄県今帰仁村の村総合運動公園で2020年11月6日午前11時21分、竹内望撮影

 男子第68回・女子第38回沖縄県高校駅伝競走大会(県高体連など主催)が6日、沖縄県今帰仁村の村総合運動公園付帯マラソンコースであった。男子(7区間、42・195キロ)は北山が2時間17分16秒で2年連続12回目、女子(5区間、21・0975キロ)は名護が1時間21分6秒で4年連続10回目の優勝を飾った。

 沖縄県代表の両校は、12月20日に京都市で開かれる男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する。男子の北山は2年連続9回目、女子の名護は4年連続10回目の出場となる。【竹内望】

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集