高校駅伝代表選考会で選手がはねられ棄権 軽乗用車が接触し転倒 長崎・雲仙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
瓊浦高校の男子選手がはねられた事故現場=長崎県雲仙市で2020年11月6日午後3時47分、今野悠貴撮影(画像の一部を加工しています)
瓊浦高校の男子選手がはねられた事故現場=長崎県雲仙市で2020年11月6日午後3時47分、今野悠貴撮影(画像の一部を加工しています)

 6日午後2時20分ごろ、長崎県雲仙市小浜町南木指(みなみきさし)の国道251号で、全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)県代表選考会の最終7区を走っていた瓊浦(けいほ)高校(長崎市)3年の男子選手(17)に、後ろから追い越そうとした80代男性運転の軽乗用車が接触した。選手は転倒し右腰などを打撲する軽傷。瓊浦高校は棄権とな…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集