メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

高校駅伝代表選考会で選手がはねられ棄権 軽乗用車が接触し転倒 長崎・雲仙

瓊浦高校の男子選手がはねられた事故現場=長崎県雲仙市で2020年11月6日午後3時47分、今野悠貴撮影(画像の一部を加工しています)

[PR]

 6日午後2時20分ごろ、長崎県雲仙市小浜町南木指(みなみきさし)の国道251号で、全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)県代表選考会の最終7区を走っていた瓊浦(けいほ)高校(長崎市)3年の男子選手(17)に、後ろから追い越そうとした80代男性運転の軽乗用車が接触した。選手は転倒し右腰などを打撲する軽傷。瓊浦高校は棄権となった。

 県警雲仙署などによると、現場は見通しの良い片側1車線の直線。選手は他校の選手2人との3位集団で先頭を走っていた。

 

 選手が集団で走るスタート付近などは県警が交通規制し、全区間通して1位チームの選手は白バイが先導したほか、交差点などで警察官が交通整理に当たっていた。

 選考会は県教育委員会、県高校体育連盟が主催し、男子41校、女子23校が参加した。県高体連の後藤慶太会長は「細心の注意を払っていたが、事故が起きたことは大変残念。今後の大会に向け再発防止策を講じたい」と話した。【今野悠貴】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです