東日本大震災

震災被災者 医療費「支援を継続」 知事、対象絞り込みも検討 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 達増拓也知事は6日の定例記者会見で、12月末で期限が切れる東日本大震災の被災者を対象にした医療費負担免除について、「来年1月以降も一定の期間、何らかの形で支援を継続したい」と述べた。近いうちに具体的な方針を示す意向を明らかにした。

 住宅が全半壊するなどした、国民健康保険加入者らの医療費を全額免除する制度を巡っては、沿岸市町村から、財政逼迫(ひっぱく)などの理由で廃止を求める声や、「終了期限を明確にしてほしい」(戸羽太・陸前高田市長…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集