メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 知事、廃炉作業を視察 処理水タンクも確認 /福島

1~4号機が見下ろせる高台で、福島第1廃炉推進カンパニーの小野明・最高責任者(中央)から説明を受ける内堀雅雄知事(左)。右は小早川智明・東京電力社長=福島第1原発で(代表撮影)2020年11月6日

 廃炉作業の進捗(しんちょく)状況を視察するため、内堀雅雄知事は6日、福島第1原発を訪れた。海洋放出が検討されている汚染処理水をためたタンク群も確認。処理水の扱いについて「タンクが林立し、敷地を圧迫している様を目の当たりにした。国と東京電力は慎重に判断してほしい」と、従来の立場を述べた。

 1~4号機が見下ろせる高台では、5月に切断作業が…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです