東日本大震災

福島第1原発事故 避難指示から農業再開 岩手の中学生に体験語る 南相馬 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩手県陸前高田市立高田東中の生徒に講演する田中一正社長(右奥)=福島県南相馬市原町区の県環境創造センター環境放射線センターで2020年11月5日、高橋秀郎撮影
岩手県陸前高田市立高田東中の生徒に講演する田中一正社長(右奥)=福島県南相馬市原町区の県環境創造センター環境放射線センターで2020年11月5日、高橋秀郎撮影

 福島第1原発事故による避難指示を乗り越えて農業を再開した2人が5日、修学旅行で南相馬市を訪れた岩手県陸前高田市立高田東中学校の3年生58人に「農業を続けるということ」と題し体験を語った。県相双農林事務所が主催した。

 2人は、同市小高区で水稲や大豆を栽培する飯崎生産組合代表の水谷(みずがい)隆さん(59)と、飯舘村から避難した復興牧場「フェリスラテ」(福島市)社長の田中一正さん(49)。

 水谷さんは、警戒区域の解除後、農地の保全管理を始め、試験栽培から実証栽培に移った。働き手不足を補うため、先端技術を使ったスマート農業に取り組む。昨年の台風19号と大雨でも浸水被害に見舞われたが、「痛めつけられても、やる気があればなんとかなる。自分が何をやりたいか、何になりたいかで決まる」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文552文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集