メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久留里線の魅力知って 菜久留トレイン、利用者にPR 活性化協 /千葉

久留里線から次々と下車する自転車愛好家ら=千葉県君津市のJR久留里駅で20年10月31日、浅見茂晴撮影

 木更津と袖ケ浦、君津の3市を結ぶJR久留里線の利用促進策などを話し合う「JR久留里線活性化協議会」が10月31日、君津市の久留里駅前で、自転車を車両内に持ち込める「菜久留(サイクル)トレイン」の利用客に地元特産品などを手渡してPRした。

 JR東日本は自転車を分解せず乗せられる専用列車を、東京・両国駅と県内各地との間で運行している。これに合わせ、木更津駅(木更津市)と上総亀山駅(君津市)の32キロを結ぶ久留里線でも、菜久留トレインを走らせている。この日の運行は、3月に続き2度目で、14人のサイク…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです