メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高山・新穂高ロープウェイ「星空観賞便」運行 あすまで /岐阜

あいにくの天候となった運行初日、時折姿を見せた西穂高岳や星空に観光客らの歓声が上がった=岐阜県高山市奥飛驒温泉郷の新穂高ロープウェイで2020年11月4日午後5時38分、大竹禎之撮影

 高山市の新穂高ロープウェイの終着駅・西穂高口駅展望台(標高2151メートル)から星空を観賞できる「秋の便 星空観賞便」の運行が4日、始まった。初日、西穂高口駅は雲に包まれ、みぞれも降る天候となったが、雲の切れ間から星空や西穂高岳が顔を見せると観光客から歓声が上がった。8日まで。

 新穂高ロープウェイは、既に第1ロープウ…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです