メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米議会「ねじれ」も買い 東証29年ぶり高値「良いところ取り」

日経平均株価が29年ぶりの高値で引けたことを示す株価ボード=東京都中央区で2020年11月6日午後3時17分、幾島健太郎撮影

 6日の東京株式市場で日経平均株価がバブル崩壊後の最高値を更新したきっかけは、開票が進む米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の優勢が伝えられ、先行きの不透明感が和らいだからだ。国内企業の業績は新型コロナウイルスの感染拡大が招いた落ち込みからの回復の途上にあり、市場に「歴史的株高」の熱気は乏しい。

 事前の予想では大統領選の結果判明まで時間がかかって混乱しかねず、株式市場では「売り」の材料だった。だが、バイデン氏が優勢で、同時実施の米連邦議会選でも民主党が上下院をいずれも制するとの見方が伝わると、民主党の主張する巨額の経済対策に対する期待から株価は上昇した。

 その後、上院は共和党、下院は民主党が制して「ねじれ状態」が維持される可能性が高くなっても、市場は「買い」と判断した。通常なら政策決定が難しくなるマイナス材料だが、バイデン氏が目指す法人税増税の実施が困難になるとの見方が強まったためだ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです