独で鳥インフル、家禽輸入を停止 農水省

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 農林水産省は6日、ドイツの養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたため、ドイツ全土からの生きた家禽(かきん)の輸入を一時停止したと発表した。オランダの一部区域からの生きた家禽の輸入も鳥インフルエンザ発生で停止した。日本で飼育されている家禽へのウイルス感染を防ぐためと説明している。

 輸入停止の対象はドイツ全土の生きた家禽…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文292文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集