メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィーンテロ、政府が事前に不審情報把握 内相「判断ミス」認める

犠牲者を追悼するろうそくに火を付けるオーストリアのクルツ首相(右)=ウィーンで2020年11月3日、AP

 オーストリアの首都ウィーンで起きたテロを巡り、当局は6日、実行犯とみられる男に関し、事前に不審情報を把握していたことを明らかにした。テロを防止できず、判断ミスを事実上認めた。ネハンマー内相は「容認できないミスが起きた」と指摘した。

 オーストリア当局やDPA通信などによると、ドイツ当局が事件後、自宅などを捜索したドイツ在住の4人のうち2人は7月にウィーンを訪問…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです