メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベラルーシ事態打開難しく EUは大統領ら15人を制裁対象に追加

ルカシェンコ大統領=AP

 欧州連合(EU)は6日、ベラルーシ大統領選の不正を訴える抗議活動への弾圧を続けていることへの責任を問い、同国のルカシェンコ大統領や高官ら15人を制裁対象に追加することを決めた。ルカシェンコ氏の5期目の任期が5日で終わる中、欧米諸国は再選挙の実施や暴力の停止を求めているが、ルカシェンコ政権は強硬姿勢を崩しておらず、政治危機の収束が見通せない状況が続いている。

 EUが新たに渡航禁止や資産凍結を科したのは、ルカシェンコ氏や長男ビクトル氏、セルゲエンコ大統領府長官ら。EUは10月2日にベラルーシの高官40人への制裁を決めたが、反対派との対話を促すためルカシェンコ氏を対象から外していた。しかし、その後も状況は改善されず、「大統領として暴力的な弾圧への責任がある」と制裁に加えた。英国やカナダは9月末にルカシェンコ氏に制裁を科している。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです