特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

民主、上院半数に可能性残す ジョージア州で決選投票へ 下院は民主過半数確実か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ネット中継されたバイデン前副大統領のテレビ演説に聴き入る支持者たち=米東部デラウェア州ウィルミントンで2020年11月6日、隅俊之撮影
ネット中継されたバイデン前副大統領のテレビ演説に聴き入る支持者たち=米東部デラウェア州ウィルミントンで2020年11月6日、隅俊之撮影

 大統領選と同時に行われた連邦議会選は6日、各州で開票が進んだ。上院(定数100)は南部ジョージア州でどの候補者も過半数の票を獲得できなかったため、来年1月に上位2候補による決選投票が行われることになった。同州の上院補欠選挙も決選投票に持ち越されており、これまで48議席を確保している民主党は決選投票の結果次第で上院の半数を確保する可能性を残した。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、米東部時間7日午前時点で、非改選を含めた上院の勢力は共和党が48議席、民主党(無所属含む)が48議席。残る4議席のうち2議席は共和党現職がリードしているが、民主党がジョージア州の決選投票で残りの2議席を取れば、両党が拮抗(きっこう)する。上院では採決が可否同数となった場合、議長を兼務する副大統領が最後の票を投じる仕組みのため、バイデン政権になれば民主党が上院の…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文530文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集