iPS細胞使いコロナ治療法開発へ 京大で続々 免疫効果や病態解明など多角的に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 さまざまな臓器や組織の細胞に分化できる能力を持つ「人工多能性幹細胞」(iPS細胞)の技術を活用し、新型コロナウイルス感染症の病態解明や治療法開発に向けた研究が京都大で進められている。世界中で感染が広がり、依然として収束が見通せない中、日本が世界に先駆けて開発した技術で貢献できないかと研究者たちが模索している。

 京大ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授(免疫学)のチームは、血液中にある「キラーT細胞」をiPS細胞から作り、患者に投与する治療法の開発を目指している。キラーT細胞は、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を見つけて攻撃する免疫細胞。河本教授らはすでにiPS細胞からキラーT細胞を作る技術を確立し、がんのマウスに投与して治療効果を確認している。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1210文字)

あわせて読みたい

注目の特集