熊本にもいたジョー・バイデン 山都町長、米大統領候補と「心意気は同じ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山都町の梅田穣町長=山都町ホームページより
山都町の梅田穣町長=山都町ホームページより

 米大統領選でジョー・バイデン前副大統領の優勢が続く中、熊本県山都町(やまとちょう)の梅田(うめだ)穣(ゆたか)町長の名前を音読みで欧米表記にすると「じょう・ばいでん」と読めるとネット上で話題になっている。

 梅田氏自身は6日朝、家族からネットに出ていることを知らされるまで気付かなかったという。

 取材に対し、町を通じて出したコメントでは「遠からぬ縁を感じたところではありますが、降ってわいたような話で少々困惑しております」と戸惑いながらも「米国大統領候補と九州のへそ、山都町の町長で立場の違いはありますが、心意気は同じでしょう。住民の心豊かな幸せのため職責を果たして参ります」と刺激を受けたようだった。

 国内では、過去にも米国のオバマ前大統領が民主党候補の指名争いに名乗りを上げた2008年ごろから福井県小浜市や長崎県雲仙市の小浜温泉が話題になった。小浜市では市民有志の「オバマを勝手に応援する会」がつくられ、オバマ夫妻から礼状が届くなど交流につながった他、小浜温泉では紙粘土製の手作り人形「オバマ君」が温泉街の広告塔として人気を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文833文字)

あわせて読みたい

注目の特集