男子部員に素手でノック受けさせ3週間のけが 神奈川・藤嶺藤沢高野球部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤嶺藤沢高校硬式野球部を紹介するホームページ
藤嶺藤沢高校硬式野球部を紹介するホームページ

 神奈川県藤沢市の私立藤嶺(とうれい)藤沢高校硬式野球部で9月、男性監督(47)が練習中に1年の男子部員に素手でノックを受けさせ、全治3週間のけがをさせたことが、同校への取材で判明した。同校は「不適切な指導だった」として部員の父親に謝罪し、監督を1カ月指導停止などの処分としたうえで、県高校野球連盟に報告した。

 同校によると、監督は9月26日のノック中、捕球ミスをした部員に対し、「グラブを外しなさい」と指示し、ノックバットで計3球を打って素手の左手で捕球させた。部員は翌27日の練習前、監督に手のひらが腫れたことを伝え、同28日に病院で3週間の挫傷と診断されたという。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集