メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌市の感染者、全国で突出 10万人当たりで東京23区の2倍以上

時短営業などの要請が出された歓楽街ススキノ地区の交差点。週末で多くの人が行き来していた=札幌市中央区で2020年11月7日午後5時58分、貝塚太一撮影

 札幌市における人口10万人当たりの感染者数は、大きな歓楽街がある主要都市と比べても突出している。6日までの1週間では23・78人で、大阪市(15・59人)の約1・5倍、東京23区(11・24人)と名古屋市(9・49人)の2倍以上となっている。

 政府の新型コロナ対策分科会がまとめた報告書によると、東京都の新宿歌舞伎町▽名古屋市の栄・錦▽大阪市のミナミ▽福岡市の中洲―…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. 「海外旅行に行けないけれど食べたい」 機内食販売が人気 ANA、JAL

  5. 新型コロナ 東京都内で新たに1274人の感染確認 重症者は最多を更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです