メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心して暮らせる社会に 西成でイベント 障害者に学ぶ「当事者研究」 /大阪

当事者研究を実践する向谷地さん(中央)と参加者=大阪市西成区天下茶屋北2の今宮ふれあい会館で2020年10月22日午後8時56分、谷田朋美撮影

 精神障害のある人などが自身の生きづらさを研究対象とし、仲間と対話しながら対処法を探る「当事者研究」の提唱者、向谷地生良(むかいやちいくよし)さんを招いたイベントが10月22~24日、大阪市西成区のあいりん地区(釜ケ崎)などで開かれた。ワークショップや講演会で、釜ケ崎の日雇い労働者や子どもたちの支援に携わる参加者らが当事者研究を学んだ。【谷田朋美】

 向谷地さんは仲間とともに1984年、北海道浦河町に精神障害のある人たちの地域活動拠点「浦河べてるの家」を設立。理事を務める。「弱い人が中心になることで管理社会とは異なるコミュニティーが生まれる」という釜ケ崎との共通点に着目した大阪大の村上靖彦教授(現象学)が「誰もが安心して暮らせる社会について考える契機にしたい」と企画した。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです