メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

トランプ氏4年間と今後 米国は立ち直れるか=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=手塚耕一郎撮影

 2017年1月にトランプ氏がホワイトハウスのあるじになってから、私はかつて研究した億万長者であり、自己陶酔的な大衆迎合主義者のことを考えてきた。その人物とは1990年代半ばから11年まで3度にわたりイタリア首相を務めたベルルスコーニ氏だ。2人の在任中のスタイルや事績は著しく似通っている。彼らの類似性に着目することは、トランプ氏の統治が米国にもたらした影響を理解する上で助けになると思う。

 2人とも政敵や政治評論家から絶えず過小評価されてきた。メディアを通じたコミュニケーションを熟知し、減税や規制緩和を期待するビジネス界から支持を受けたが、状況や聴衆に応じてうそをつき、立場を変えることに何の恥じらいもない点でも共通している。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです