秋篠宮さま「皇嗣」内外に 皇位継承順位1位 憲政史上初の儀式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ご一家で秋篠宮邸の庭を散策される秋篠宮さま=東京都港区の秋篠宮邸で2019年11月(宮内庁提供)
ご一家で秋篠宮邸の庭を散策される秋篠宮さま=東京都港区の秋篠宮邸で2019年11月(宮内庁提供)

 秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」になられたことを国内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」が8日、皇居・宮殿で行われる。政府は皇位継承に伴う国の一連の儀式の締めくくりとして4月に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期していた。秋篠宮ご夫妻の歩みと共に、憲政史上初となる儀式の内容を紹介する。【稲垣衆史、和田武士】

 秋篠宮さまは1965年11月30日に上皇ご夫妻の次男として誕生し、「礼宮文仁(あやのみやふみひと)」と命名された。出典は「論語」で、孔子が弟子に答えた「広く学問にいそしんで知識を向上させ、礼儀にそむかないようにすれば道を踏み外すことはない」との一節から採られた。

この記事は有料記事です。

残り2208文字(全文2513文字)

あわせて読みたい

注目の特集