連載

今よみがえる森鴎外

2022年に没後100年を迎える森鴎外。毎回筆者とテーマを変えて、作品に現代の光を当て読み解きます。

連載一覧

今よみがえる森鴎外

/20 歌人としての足跡 「自律的な個」模索し続け=歌人・坂井修一

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
坂井修一さん
坂井修一さん

 <文化の森 Bunka no mori>

 森鷗外といえば近代を代表する知識人文芸家だが、もともと彼は抒情(じょじょう)詩人としての資質を豊かに持っていた。

 歌人としての彼の足跡は、日露戦争従軍時の作品集である『うた日記』(明治四〇年)、文芸誌『明星』に発表した「一刹那」「舞扇」「潮の音」の連作群(明治四〇~四一年)、『昴』に発表した「我百首」(明治四二年)、そして最晩年の「奈良五十首」(『明星』大正一一年一月)に辿(たど)ることができる。

 特に、「我百首」は、短歌という伝統詩に西洋象徴詩の息を吹き込んだ点で注目される。すでに鷗外は、『於母(おも)影(かげ)』(明治二二年)においてゲーテ、ハイネ、バイロンらの詩を美しい和語に訳し、島崎藤村や薄田泣菫、木下杢太郎らに大きな影響を与えていた。「我百首」は、この流れの延長で、自らの精神生活を五七五七七に綴(つづ)った大作だが、令和の今読んでも新鮮な感性・知性が横溢(おういつ)していて、私な…

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2217文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集