メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜間センサーで介護報酬増検討

 介護保険制度で事業者に支払う「介護報酬」改定で、厚生労働省は、特別養護老人ホーム(特養)などが入所者の様子を機械で検知する「見守りセンサー」の導入を進めた場合、夜間に一定の職員を配置した事業者が上乗せで受け取る報酬の基準を緩和する検討に入った。人手不足が続く現場負担を和らげるのが狙い。

 9日にある社会保障審議会の介護給付費分科会で提案する。センサーは、ベッドの降り口に…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです