メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏勝利 ペンシルベニア州制し、選挙人の過半数獲得 トランプ氏は徹底抗戦の構え

[PR]

米デラウェア州ウィルミントンで演説するバイデン氏=5日、AP

 米大統領選は7日、開票作業が続いていた東部ペンシルベニア州で民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が勝利し、獲得選挙人が当選に必要な過半数ライン(270)を超えた。米メディアが伝えた。再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は複数の州で開票を巡る訴えを起こすなど徹底抗戦の構えを見せており、当選者確定には時間がかかる可能性がある。

 当選が確定すれば、選挙人による正式投票を経て、バイデン氏は来年1月20日、第46代米大統領に就任する。

 大統領選は全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)での一般投票結果に基づき、各州・区に割り振られた選挙人538人の過半数を獲得した候補が当選する仕組み。

 3日に各地で始まった開票では当初、トランプ氏が接戦州の南部フロリダ州などで勝利を重ね選挙人数を積み上げた。これまでに214人を獲得。ペンシルベニアの開票でも先行した。

 だが、民主党支持者の利用が多い郵便投票や都市部の票が開くにつれ、バイデン氏が猛追。中西部ミシガンやウィスコンシン両州などで勝利し、過半数に迫った。ペンシルベニアでは6日午前になりトランプ氏の票数を逆転し、7日に各米メディアがバイデン氏の勝利を判定した。バイデン氏は同日、西部ネバダ州も制して、獲得選挙人を279に伸ばした。

 ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの3州は元々、民主党の強固な地盤で、党のシンボルカラーにちなみ「ブルーウオール(青い壁)州」と呼ばれてきた。3州は2016年の前回選ではトランプ氏が勝利し、今回も勝敗のカギを握るとされていたが、バイデン氏が全勝で奪還に成功した。

 バイデン氏は過半数確保が目前となった5日、地元の東部デラウェア州ウィルミントンで演説。「開票がすべて終わったときに我々が勝者となるだろう」と述べていた。

 一方、トランプ氏は「正当な票を数えれば私の楽勝だ。民主党は不正な票や遅れて届いた票を数え、この選挙を盗もうとしている」と主張。バイデン氏が過半数を獲得しても敗北宣言をせず、裁判闘争を続ける考えを明確にしている。トランプ氏の訴えに呼応し、支持者が開票所に詰めかける事態も各地で起きていた。【ワシントン高本耕太】

ジョー・バイデン氏(Joe Biden)

 1942年11月、東部ペンシルベニア州スクラントン生まれ。デラウェア大卒、シラキュース大法科大学院修了。東部デラウェア州の郡議会議員や弁護士を経て72年に上院議員に初当選。36年務めた後、2009~17年のオバマ政権で副大統領。外交や司法分野の政策で豊富な経験を持つ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです