特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

家族失った悲しみ越え、3度目の挑戦で大統領に バイデン氏ってどんな人?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米大統領選で勝利を確実にし、演説するバイデン前副大統領(左)と、副大統領候補のハリス上院議員=デラウェア州で2020年11月7日、AP
米大統領選で勝利を確実にし、演説するバイデン前副大統領(左)と、副大統領候補のハリス上院議員=デラウェア州で2020年11月7日、AP

 米大統領選は7日、開票作業が続いていた東部ペンシルベニア州で民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が勝利し、獲得選挙人が当選に必要な過半数ライン(270)を超えた。米メディアが伝えた。再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は複数の州で開票を巡る訴えを起こすなど徹底抗戦の構えを見せており、当選者確定には時間がかかる可能性がある。

外交・安全保障分野のスペシャリスト

 なるほドリ 米国の新しい大統領に決まったジョー・バイデン氏(77)ってどんな人なの?

 記者 オバマ政権で副大統領を務めた米民主党の重鎮です。1942年に米東部ペンシルベニア州スクラントンで生まれました。大学卒業後、デラウェア州で弁護士、郡議会議員を経て、72年に上院議員に初当選しました。その後36年にわたって上院議員を務め、主に法務や外交畑を歩みました。外交・安全保障分野のスペシャリストとして知られています。

 Q 政治経験は豊富なんだね。

 A はい。でも…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文982文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集