特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

ハリス氏演説「あなた方は民主主義を守った」 「勇気づけられた」とSNSで反響

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
民主党のバイデン前副大統領の勝利演説の会場でスピーチする副大統領候補のハリス氏=AP
民主党のバイデン前副大統領の勝利演説の会場でスピーチする副大統領候補のハリス氏=AP

 米国の次期副大統領に当選確実となったカマラ・ハリス氏(56)の演説が、SNS(ネット交流サービス)で「感動的」「言葉の力に勇気づけられた」などと反響を呼んでいる。アフリカ系アメリカ人の人権確立のために闘った公民権運動の指導者、ジョン・ルイス下院議員(今年7月死去)の言葉を引用して民主主義のために行動する大切さを指摘。女性初の副大統領となることに触れて「すべての小さな女の子たちはこの国が、可能性の国であることを知る」と強調した。ハリス氏が米東部時間7日夜(日本時間8日朝)、デラウェア州ウィルミントンで行った演説全文の日本語訳は以下の通り。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

「我々の民主主義を守るには、闘い、犠牲を払わねばならない」

 こんばんは、ありがとう。ジョン・ルイス下院議員は亡くなる前、こう書きました。「民主主義は状態ではなく、行動である」と。つまり、米国の民主主義は保障されたものではなく、その強さは、そのために闘う我々の意志にかかっている、ということです。

 守らねばならず、決して当たり前だと思ってはいけない。我々の民主主義を守るには、闘い、犠牲を払わねばならない。喜びも、前進もあります。なぜなら、…

この記事は有料記事です。

残り7332文字(全文7842文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集