アンコウ、巨大イカ…流木で作った迫力の「深海怪魚」 京都・舞鶴で展覧会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
流木を使った上林比東三さんの「深海怪魚展」。個性豊かな作品が並ぶ=京都府舞鶴市上安で2020年9月21日午後2時17分、今西拓人撮影
流木を使った上林比東三さんの「深海怪魚展」。個性豊かな作品が並ぶ=京都府舞鶴市上安で2020年9月21日午後2時17分、今西拓人撮影

 海岸などに漂着した流木を使って立体作品を作る上林(かんばやし)比東三(ひとみ)さん(68)が、京都府舞鶴市上安の「カーペイント・ヒトミ」工房で新作の展覧会「深海怪魚展」を開いている。展示している30点は深海魚などのほか、空想上の生き物も題材にしており、子どもたちに「想像力豊かな大人に育ってほしい」との思いを込めてい…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集