「朝見の儀」経て立皇嗣の礼終わる 皇位継承関連の国の儀式全て終了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)になられたことを国内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」が8日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。天皇の弟が皇位継承予定者であることが宣言される儀式は憲政史上初めて。上皇さまの退位儀式から続いた皇位継承に伴う一連の国の儀式は全て終了した。

 立皇嗣の礼は二つの国事行為の儀式で構成され、中心儀式の「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」は午前11時過ぎから始まった。天皇のみが着る「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」をまとった天皇陛下が「皇室典範の定めるところにより、文仁親王(秋篠宮さま)が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」と宣言した。

 皇太子の装束である「黄丹袍(おうにのほう)」を着けた秋篠宮さまは紀子さまとともに天皇、皇后両陛下の前に進み、「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」と決意を述べた。菅義偉首相が祝辞にあたる寿詞(よごと)を読み上げ、儀式は約15分で終了した。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1690文字)

あわせて読みたい

注目の特集