特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

世羅がアベックV 男子は17年連続 女子は15年連続 高校駅伝・広島予選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子第71回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、フィニッシュする世羅の吉本真啓選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、池田一生撮影 拡大
男子第71回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、フィニッシュする世羅の吉本真啓選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、池田一生撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会広島県予選(県高校体育連盟、広島陸上競技協会、広島県三次市、市教育委員会主催、毎日新聞広島支局など後援)は8日、三次市のみよし運動公園陸上競技場であり、男女とも世羅がトップでフィニッシュした。世羅は男子が17年連続50回目、女子が15年連続15回目の全国大会出場を決めた。

女子第32回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、2位に大差をつけてフィニッシュする世羅のテレシア・ムッソーニ選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、中島昭浩撮影 拡大
女子第32回全国高校駅伝競走大会広島県予選で、2位に大差をつけてフィニッシュする世羅のテレシア・ムッソーニ選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で2020年11月8日、中島昭浩撮影

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、県予選は陸上競技場のトラックを周回する形で開かれた。世羅は12月20日に京都市である男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)で、2015年以来のアベック優勝を目指す。【中島昭浩、池田一生】

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集