メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀シャリのしゃシャリでてすみません

「なんでアレ?」ってありますか

絵・鰻和弘

 なんでそれ思い出すねん、みたいなことってないですか? 人生における節目でもなければ、たいした場面でもないのに記憶に刻みこまれている場面。

 おばあちゃん家(ち)に親戚で集まった時にみんなで天ぷらうどんを食べていて、エビ天のエビのしっぽを食べてるおじさんを見た時。「えっ! しっぽって食べてええの??」の戸惑いの記憶。しばらくして灰色の乾燥した物体をおだしに浸しだす大人たち。浸した瞬間に濃くて黒いドロドロに変化した物体を、うどんと共にすすりだす衝撃は計り知れなかった。後にそれがとろろ昆布と知ることになる。

 小学5年生くらいの時、ずっと隣に住んでた同級生が引っ越した。1年くらいたって、おかんが遊びに行こうかと言い出した。車で2時間くらいかかった。1時間ほどたわいもないおしゃべりをして、帰りにガンダムのプラモデルを買ってもらった。家に着いたのは18時過ぎだったと思う。なぜならテレビに「ちびまる子ちゃん」のアニメが流れてたから。それを見ながら、プラモデルをすぐ開けたのを覚えている。パッケージのイラストが…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  4. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  5. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです