メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

映画「461個のおべんとう」主演 井ノ原快彦、道枝駿佑 何気ない日常の輝きを

 公開中の映画「461個のおべんとう」は、シングルファザーのミュージシャンが、手作り弁当を通じて高校生の息子と絆を深めていく物語だ。主演は歌手、俳優などマルチに活躍中の井ノ原快彦、息子役は「なにわ男子」の道枝駿佑。ジャニーズ2世代が共演し、新型コロナウイルス禍で沈みがちな心を内側から温めてくれる。

 「天国は待ってくれる」(2007年)以来の映画主演となる井ノ原。出演の決め手は「良い人しかでてこない作品だったから」と話す。原作はヒップホップのミュージシャン、渡辺俊美の実話。息子のために「毎日お弁当を作る」と約束した父と、「休まず学校に通う」と約束した息子の3年間が描かれる。メガホンを取るのは人気バンド「GReeeeN」の結成秘話を映画化した「キセキ―あの日のソビト―」の兼重淳監督。

 初共演となる2人は撮影前、映画さながらに「タメ口で話す」と約束を交わしたという。「最初、井ノ原さんから『敬語じゃなくていいよ』って。これが親子の自然な関係を作るのにすごく大きかった」と道枝。メールなどで日々の様子をやりとりし、撮影初日を迎えた。「でも最初は文通相手と会うみたいな感じ。関係はできてるけど、お互い照れながら、ね?」。隣の道枝を見やる井ノ原の姿は、映画の中で息子を見守る主人公と重なる。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです