メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任命拒否で注目集める杉田官房副長官 記者が見た「官邸ポリス」の素顔とは

杉田和博官房副長官(右)は政府の主な政策決定に関わってきた。皇位継承式典事務局の「看板掛け」で、当時の安倍晋三首相(中央)、菅義偉官房長官(左)と並ぶ杉田氏=内閣府で2018年8月1日(代表撮影)

 杉田和博官房副長官(79)――。一般にはほとんど知られていない人物が、にわかに注目を集めている。日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題の「キーマン」(立憲民主党・蓮舫代表代行)と目されているからだ。杉田氏は官僚機構のトップに君臨し、霞が関全体の人事と情報を握っており、幹部官僚でさえ恐れている。だが、4月から杉田氏を担当している記者(35)が見たのは、それとは違った姿だ。

 4日の衆院予算委員会。「最終的に上がってくる段階で報告を聞いたのは杉田副長官です」。菅首相は、学術会議が推薦した新会員候補105人のうち、6人を外して99人を任命する案を持ってきたのは、杉田氏であることを初めて認めた。

 立憲の辻元清美副代表は「どういう理由で外そうとしたのか、ここに来て説明してもらう必要がある」と杉田氏の国会への出席を要求した。

 衆参両院で2~6日に行われた予算委では杉田氏の名前が度々登場。学術会議の問題と杉田氏との深い関わりが印象づけられた。

 実際、政府関係者や学術会議関係者などによると、「官邸の窓口」として学術会議側との対応に当たってきたのは杉田氏だ。官邸は2016年の補充人事の際には会員候補者の差し替えを要求。前回17年の改選時には、最終決定前の選考状況の説明や改選数よりも多い候補者を報告するよう求めていた。こうした人事介入も、杉田氏の意向とされている。

 ただ、杉田氏は「長官や総理を補佐し、総合調整するのが私の仕事。関与するのは当たり前」と周囲に語るなど意に介していない。政府・与党も、杉田氏の招致には応じない構えだ。

 官房副長官は、官房長官の職務を助ける要職。3人いる副長官のうち2人は衆参の国会議員だが、杉田氏は警察庁出身。事務担当として霞が関の官僚機構の頂点に立つ。

 天皇の代替わりや来夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策など携わる政策は幅広い。

警備畑歩んだ「危機管理のプロ」

 杉田氏は埼玉県出身。東大法学部を卒業後、1966年警察庁に入庁。公安1課長などを経て、94年10月に警備局長に就任。95年3月に起きたオウム真理教による地下鉄サリン事件や、国松孝次警察庁長官狙撃事件、96年12月に起きたペルー日本大使公邸占拠事件などを担当した。

 97年には情報収集や調査分析を担う内閣情報調査室長に就任し、「危機管理のプロ」として、内閣情報官や内閣危機管理監も務めた。12年12月に発足した第2次安倍内閣で官房副長官に就任した。

 警備・公安畑を歩んできた経歴に加え、内閣人事局長として官僚人事の決定権を握っていることから、霞が関の官僚からは恐れられる存在だ。「杉田氏を怒らせたら本当に怖い」とは、官邸の要職を務めた関係者の述懐だ。

 週刊誌などでは「妖怪」などと表現されることもある。元警察官僚の告発ノベルとされる「官邸ポリス」(講談社)で「政権を強固にする特別警察」の完成を目指す「瀬戸副長官」のモデルとされる。もっとも、杉田氏は、この作品について、実際の出来事とは全然違うと語っているという。

 杉田氏は副長官に就いて以降、緊急事態に対応するため東京都内の自宅を離れて官舎で暮らしており、災害時には官邸に泊まり込んで対応に当たる。

 高齢でもあり、内閣改造の度に退任が取り沙汰され、安倍晋三前首相の辞任の際にも永田町・霞が関かいわいでは去就が注目されたが、官房長官として支えらた菅首相の信頼は厚く、再任。在職日数は今年4月に歴代2位となっており、菅首相の自民党総裁任期満了となる来年9月まで務めれば歴代最長となる。

表舞台には立たず実権

 私が杉田氏と初めて会ったのは、福岡報道部から政治部に異動直後の4月4日。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が緊急事態宣言を出す直前だった。

 週末の朝、緊張しながら官舎の前で声をかけた。警戒感をあらわにしたが、新任のあいさつとわかると笑顔になり、「よろしくね」と応じてくれた。

 この半年間、コロナ問題をはじめ、安倍政権の終幕、菅政権の誕生と、永田町・霞が関は揺れ動いた。そんな日々の中で政権の中枢にいる杉田氏とのやりとりは緊張感のあるものだった。

 一方で、…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文2114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  2. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  3. 東京オリンピックのモニュメント再設置 整備終え、5色のマーク到着 東京・お台場

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです