メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる菅・バイデン 与党やきもき 二階氏自ら訪米模索も 野党は新政権に期待

自民党の二階俊博幹事長=川田雅浩撮影

[PR]

 米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利宣言したのを受け、自民、公明両党は日米関係への影響を注視している。次期米政権との関係構築に向け、議員外交などで菅義偉首相を側面支援する構えだ。

 自民党の二階俊博幹事長は9日の記者会見で「バイデン氏の勝利に心から祝意を申し上げる。菅首相とバイデン次期大統領は日米同盟が果たしてきた役割を共有し、両国が更に発展できるよう努力いただきたい」と述べた。二階氏は自らの訪米を模索しており、「党としてもバックアップしたい」と強調した。党内には「危機感の表れではないか」との見方がある。

 小野寺五典元防衛相は9日、毎日新聞の取材に「中国との対話が進むと東シナ海を巡る日中の緊張関係に影響しかねない」と語った。米民主党は伝統的に対中政策が融和的とされ、自民党国防族は中国に対するけん制が弱まるのを懸念している。

 安倍晋三前首相とトランプ大統領の「蜜月」関係の反動を心配する声もある。ある閣僚経験者は「安倍氏が相当トランプ氏に食い込んだのを米民主党は不快に見ているのでは」と指摘。菅首相は外交実績が乏しいだけに「菅さんが日米関係を主導する姿が思い浮かばない」(中堅)との声も漏れる。

立憲の安住淳国対委員長

 一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は9日、記者団に「オーソドックスな外交や内政、国際社会への貢献が戻ってくれば大変ありがたい」と語り、バイデン氏に期待を示した。【飼手勇介、野間口陽、木下訓明】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです