メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる菅・バイデン 与党やきもき 二階氏自ら訪米模索も 野党は新政権に期待

自民党の二階俊博幹事長=川田雅浩撮影

 米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利宣言したのを受け、自民、公明両党は日米関係への影響を注視している。次期米政権との関係構築に向け、議員外交などで菅義偉首相を側面支援する構えだ。

 自民党の二階俊博幹事長は9日の記者会見で「バイデン氏の勝利に心から祝意を申し上げる。菅首相とバイデン次期大統領は日米同盟が果たしてきた役割を共有し、両国が更に発展できるよう努力いただきたい」と述べた。二階氏は自らの訪米を模索しており、「党としてもバックアップしたい」と強調した。党内には「危…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです