特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

強さとしなやかさ併せ持つハリス氏 初の女性副大統領に 「私は最後ではない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カリフォルニア州下院議員のアル・ムラツチ氏(後列左から2人目)らと写真に納まるカマラ・ハリス氏(後列右から2人目)、夫ダグラス・エムホフさん(同右端)=米西部カリフォルニア州トーランスで2016年11月(ムラツチ氏提供)
カリフォルニア州下院議員のアル・ムラツチ氏(後列左から2人目)らと写真に納まるカマラ・ハリス氏(後列右から2人目)、夫ダグラス・エムホフさん(同右端)=米西部カリフォルニア州トーランスで2016年11月(ムラツチ氏提供)

 米大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)の勝利を受け、カマラ・ハリス上院議員(56)が米国初の女性副大統領となることが確実となった。女性の進出を阻む「ガラスの天井」を打ち破ったハリス氏はどんな人物なのか。

 「私は最初の女性副大統領かもしれないが、最後ではない」「すべての少女は今夜の様子を見て、この国が可能性の国であることを知る」

 バイデン氏の当選が確実となった7日夜、東部デラウェア州でハリス氏が行った演説は多くの女性を勇気づけた。演説会場には涙を流す女性も。ハリス氏の登場曲も、黒人女性のR&B歌手、メアリー・J・ブライジさんが有色人種の女性を鼓舞した「ワーク・ザット」だった。

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1493文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集