熊本のバイデン町長、祝福の電話鳴りやまず 「親父はなんて漢字を、と恨んでいた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米大統領選でジョー・バイデン前副大統領の勝利が確実となり、熊本県の「じょう・ばいでん」と話題の梅田穣(ゆたか)・山都(やまと)町長(73)が9日、毎日新聞のインタビューに応じた。名前を音読みにすると同じとネットで脚光を浴び、祝福の電話が鳴りやまない毎日が続いていると驚く。だが、実はこれまで名前の字は好きではなかったという。【聞き手・清水晃平】

 ――名前の音読みが「じょう・ばいでん」だと気付いたきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1149文字)

あわせて読みたい

注目の特集