メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年 御所実高ラグビー部

御所実ラグビー部、ライバル対決は劇的幕切れ 指揮官「鬼の目にも涙」 

決勝戦で天理高に勝利し、目に涙を浮かべながら選手の健闘をたたえる御所実高の竹田寛行監督=奈良県橿原市の県立橿原公苑陸上競技場で2020年11月8日、平川義之撮影

 26年連続で決勝で顔を合わせた宿敵との対決を制した。奈良県立橿原公苑陸上競技場で8日にあった第100回全国高校ラグビー大会奈良県大会決勝で、御所実高が天理高に19―14で競り勝ち、2年連続13回目の優勝を遂げた。今年度で教員の定年を迎える竹田寛行監督(60)率いる御所実高が悲願の全国優勝へ挑戦権を手にした。

 ノーサイドの笛が鳴ると、目を真っ赤にした竹田監督の胸に、大粒の涙を流した選手たちが次々と飛び込んだ。「ほんま、ようやったな。やり切ったな」。指揮官は選手たちを力強く抱きしめた。「鬼の目にも涙です。幸せですね」

 教員生活…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1051文字)

長宗拓弥

1990年、兵庫県生まれ。2013年入社。松江支局を経て大阪本社運動部に異動し、ラグビーやサッカーJリーグなどを担当。ラグビーW杯日本大会や全国高校ラグビー大会(花園)を取材。趣味は筋トレ。ベンチプレスにいそしみ、野球部育ちだが、元ラガーマンと間違われるのがひそかな喜び。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです